2009.2.10

精神病を主題にとった作品です。100%遺伝が原因の精神病というものがあるなんて、知らんかったです。50万分の1という確率でしか存在せず、罹病の際の発症率が2分の1、成人してから発症し、必ず死亡するという、ほとんど人間とい […]

続きを読む
2009.1.20

オバマ大統領がいよいよ就任ということで、黒人社会についてのドキュメンタリーをテレビでよく見ます。モノクロの映像ですが、なるほどこういう景観だったのだと、少しだけリアリティが増したように感じます。そこで、昔読んだこの本を読 […]

続きを読む
2008.7.21
カテゴリー 読書感想文 

生まれてきたからには、何かをするために生まれてきたのだと思いたい。何かを残して、何かをひとに伝えて、そして死んでいきたいと思うのです。たまあに、そういう人の話を聞きます。最近では、北海道国際航空の社長、濱田輝男。事業を立 […]

続きを読む
2008.7.9
カテゴリー 読書感想文 

中年男がある日突然死して、その記憶を持ったまま、25年前に戻ってしまう、というSFです。「もしも人生をやりなおせたら」というのは、SFでは、やや古臭いテーマです。 男は競馬とかメジャーリーグの結果を知っているので、ギャン […]

続きを読む
2007.9.16

「羽生名人」といえば、誰でも知っている、将棋の天才。高い年収、社会的地位、マスコミは飛びつき、女子アナなんかと結婚しちゃったり、きらびやかな世界。実際、棋士たちの奔放な生活ぶりは、なにかと有名ですね。 でもそれは、厳しい […]

続きを読む
2006.12.11

ベトナム戦争というと、いままでに大して詳しい説明を聞いたこともないし、学校の先生に教わった覚えもありません。 ただ、アメリカの戦争映画でその悲惨さと、不条理さだけをつきつけられただけです。どたばた劇が多い中で印象に残って […]

続きを読む
2006.12.8

太平洋戦争はパールハーバー、日本軍によるハワイ諸島奇襲攻撃で始まるのですが、「奇襲」というからには、敵に悟られずに戦争の準備をしていくという苦労があったわけで、その辺のことを様々な史実から書いています。ちなみに、ちょうど […]

続きを読む
2006.6.19

「だからベートーヴェンはいやだ。瞬間瞬間の音も、和声も驚くほど簡明だ。アクロバティックな技法はない。それゆえ、音の一つ一つをダイナミックに歌わせる弾く側の気力と、構成力が要求される。 最初のスフォルツァンドは鋭いアタック […]

続きを読む
2006.6.1

この著者の作品って、取り上げる題材はいいんだけど、全然つっこみが足りないんすよね。 随所にみられる、上から見下ろすような文章と、なんでも知ってるぞみたいな、欺瞞さえ感じる表現。ノンフィクション作家としてはどうなんでしょう […]

続きを読む
2006.4.19

この作者はとても文章が上手です。 でもって、子供時代の滑稽さとかやさしさとか残酷さとか、イノセントな部分をうまく書き出していると思います。 戦後すぐの子供達の生活。野球やメンコに夢中になっていた頃のお話です。 今50歳く […]

続きを読む
Copyright(c) 2012 FARM Consulting Group All Rights Reserved.